膀胱炎の原因や対処法

膀胱炎とは女性に非常に多い病気です。尿道が短いなどの女性の体の仕組みと、女性に多い生活習慣が膀胱炎になってしまう原因の一つです。女性と膀胱炎の関係について知る事で、予防と早めの名医による治療に役立てることが出来ます。

なぜ膀胱炎になる?

女性に多い膀胱炎とは、急性膀胱炎といって、膀胱に細菌が侵入してしまい、膀胱炎となり、炎症を起こしてしまっているものです。特徴的な症状は、頻尿、排尿痛、尿の混濁です。

トイレに行ったばかりなのにまた行きたくなる症状や、排尿の終わりの頃、時々始めに、ひりひりするような痛み、焼けるような痛み、ジンジンする痛みがあったり、尿の色が白っぽく濁っている、または、排尿が終っても、まだ尿が残っている感じがある、排尿になんとなく違和感があるなど、膀胱炎に多い症状です。こういった症状を確認した場合、早めに名医に診てもらう必要があります。

まず、なぜ膀胱炎は女性に多いのかといいますと、20代~40代の女性は、性行為や、生理や、妊娠などで特に膀胱炎のリスクが高くなります。また、体の仕組みで、女性は尿道口が膣や肛門と近いため、雑菌が入りやすいです。特に大便の後、拭き方が悪いと大腸菌が付きやすく、また女性は尿道が4㎝前後で、男性と比べ、最近が逆行して膀胱に侵入しやすいのが大きな理由です。

また、生活習慣や、体質、体調により膀胱炎を引き起こしてしまう場合もあります。例えば、職場や学校、外出先でトイレを我慢してしまう傾向があったり、性行為によって雑菌が付きやすく、女性の膣内にいる、雑菌や、クラミジアなどの微生物に感染しやすくなったり、また妊娠すると、体の抵抗力が低下してしまうため、感染症にかかりやすいなどの理由で、膀胱炎を起こしやすくします。

また、生理や、出産後など、などは、出血で外性器に菌が付きやすくなっているため、生理用品の交換を3~4時間に一度以上行わないと、菌が増殖しやすくなるため、それが原因で引き起こしたり、ストレスや過労、無理なダイエットで栄養不足になってしまい、体の抵抗力が低下してしまっているため、引き起こしてしまったり、加齢によってひきおこしてしまう場合もあります。

膀胱炎の症状が出たらお医者さんへ

この場合も早めに病院へ行き、名医に診察してもらう必要があります。更年期にホルモンが減り、膀胱粘膜が薄くなり膀胱に傷が付きやすく出血し引き起こす場合や、肥満や加齢により、骨盤底筋が膀胱を支える力がなくなり、残尿など排尿障害が起こりやすくなり発症してしまうケースもあります。

こういった場合も早めに名医に診てもらう必要があります。また、ビデの使い過ぎには注意してください。膀胱炎になりやすい人は繰り返し膀胱炎にかかる傾向にあります。清潔にしておくことは大事ですし、名医による診断でも言われていると思いますが、膣の粘液には、自浄作用がありますので、ビデを必要以上に使用しないようにしてください。